シンプルな葬儀を希望している人には家族葬

親戚しか参列しない葬儀

家族葬の大きな特徴は、参列者が少ないことです。
名前の通り家族、または親戚しか参列できません。
通常の葬儀のように何十人や何百人と集まるわけではないので、遺族の負担を削減できます。
生前にたくさんの人と交流があった故人なら、葬儀の時に訪れる参列者も多くなります。
遺族は参列者をもてなすだけで疲れ、故人と満足にお別れできないかもしれません。
参列者の対応ばかりでは、本来の葬儀の意味がなくなってしまいます。

ゆっくり遺族と故人がお別れできるよう、家族葬を選択しましょう。
また故人が仕事でお世話になった人がたくさん来ると、緊張してストレスに感じるかもしれません。
家族葬は参列するのが親戚一同だけなので、余計な気遣いをしなくて良い面もメリットです。

素朴な葬儀にしたい

通常の葬儀は大きな会場に、たくさんの参列者のもとで行われます。
中には、参列者を多く招くことが苦手な故人もいるでしょう。
人数が少ないのがいいなら家族葬を選んで、シンプルな葬儀を行うのが良い方法です。
少人数で故人も、満足して安らかに眠ってくれるでしょう。
家族葬は基本的に参列者が少ないので、自宅でもできます。
会場代の削減にも繋がりますね。
家族葬をすることが決まったら、自宅に棺などを置けるスペースがあるか確認しましょう。

家族葬では参列者が少なく、お茶やお菓子を出してもてなさなくて良いので、さらに費用が少なくなります。
通常の葬儀に比べて安い面も家族葬のメリットなので、予算が少ない人はこちらを選択しましょう。
シンプルな葬儀でも、家族や親戚が心を込めていれば大丈夫です。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top